スマホでもメール配信は利用できるの?

システムが自動で振り分けてくれる

メール配信システムには、配信先の端末ごとに適したコンテンツを表示できる機能を搭載したタイプもあります。スマホはもちろん、配信先の端末が異なる場合でも問題なくメールを配信できるのが特徴です。ユーザーの開いた端末ごとに表示を自動で切り替えたり、配信会社によって様々なツールが用意されています。配信先をスマホに限定する必要がなく、パソコンなど配信の振り分けにも対応できるので便利です。配信前に端末情報を取得することで、表示可能なコンテンツのみ配信できます。意図しない表示崩れを防ぎ、狙った端末に最適なメールを配信できるのが強みです。システムの条件設定もシンプルなので、スマホやパソコンの知識がない人でも簡単に扱えます。

スマホに適したシステムを構築できる

スマホでメール配信を利用したいときは、配信サービスを提供している会社を探してみて下さい。スマホに対応したテンプレートを用意している会社も多く、テキストや画像を変更するだけで簡単にメールが作成できます。無料のテンプレートはメーラーによっては表示が崩れることもあるので、ちゃんと表示されるか配信前にチェックしておくと安心です。配信システムを利用すればレポートなど結果の分析もスムーズに行えます。キャリアの特性に合ったメールを配信したり、スマホ向けの高速配信も実現しやすい環境が整っています。配信遅延の要因となるエラーメールを自動処理し、キャリアのブロックを受けにくいシステムを構築できるのもメリットです。

メール配信APIを利用すると、クラウドサービスのメリットを享受しながらも、自社システムと連携したメール配信サービスを構築できます。カスタマイズ性を維持しながら開発コストを大幅に節約できるでしょう。